5日間ダイエット:熱のはなができました。

免疫が低下していたのでしょうか、熱のはなができました。

熱のはな、

何それという方もいらっしゃる思いますが、

熱のはなとは、単純ヘルペス1型のことです。

乳幼児期にほとんどの人が感染している感染症で、

免疫力が低下しているときに、潜んでいたウィルスが活発となり、

口唇やその周囲に水泡ができて発病します。

しかも、再発します。

最初、水泡ができる前は、痛いようなムズムズ(ピリピリ)する感じがします。

半日ほどで発赤、23日後に水ぶくれができ、その後、かさぶたができて治ります。

ウイルスが増殖していますので、感染に注意です。

注意点:

かさぶたは痕が残ったりするので、無理にとらない。

手で触らない。

キスしない。

免疫力の低下している人、赤ちゃんへの接触は控える。

タオルや食器は共有しない。

治療法:

早めに受診して、抗ウイルス剤を服用し、抗ウイルス・抗炎症軟膏を塗布する。

私の治療法:

私は数年に一度かかりますが、口唇ヘルペスで病院に行ったことがありません。

1週間くらいで治るので、自然治癒に任せています。(いいのでしょうか?)

今回は、乾燥していたのか、口びるがぱっくり切れてしまって、そこからしばらくして熱の花ができました。

以前、日に当たりすぎたときにも同じような症状が出ました。

体質的なものも関係あるのかな?

家族の中では私以外、できているのを見たことありません。

もしなったら、たっぷり睡眠・栄養をとる、

栄養ドリンクを飲む、

ビタミンCを多めにとるを心がけて治します。

口唇ヘルペス治療薬もあるようなので、もし次になったら使ってみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする